リノベーションとリフォームの違いは?

リノベーションとリフォームってどう違う?費用の違いやメリットデメリットを徹底解説!

近年、新築を建てるのではなく既存住宅をリノベーションしたりリフォームしたりする方が増えていますよね。リフォームを対象にした補助金などもあり、ますますリノベーションやリフォームの需要が高まってくると思います。

 

ところで皆さん、このリノベーションとリフォーム。

一体どこがどう違うのかご存知でしょうか。

一見すると同じような言葉に見えますが、実は少し意味が異なります。

2つの違いについて、今回は詳しくご紹介しましょう。

 

【リノベーションとは?】

リノベーションとは、英語で「renovation」=刷新、修復と言った意味があります。

言葉の意味の通り、リノベーションは大規模な改修を行い、より快適な住まいに生まれ変わらせること。機能性やデザイン性などプラスαの要素を加えていくイメージです。

たとえば、3LDKだった間取りの壁や柱を可能な限り取り払い、今の家族が住みやすい間取りに一新するようなことを指します。

中古物件を購入し、自分たちの住みやすい家に改修するのもリノベーションにあたります。

【リフォームとは?】

リフォームとは、英語で「reform」=改善、改良と言った意味があります。

新たな付加価値を加えてより良い住まいにするリノベーションと違い、リフォームは経年劣化によって傷んでしまった箇所を元通りにするようなイメージです。

住宅で言えば、水回り、床、壁などがよくあるリフォーム工事ですね。

リノベーションとリフォームの費用はどう違う?

リノベーションとリフォームってどう違う?費用の違いやメリットデメリットを徹底解説!

気になるのがリノベーションとリフォームの費用の違いではないでしょうか。

どのような違いがあるのか、それぞれ見ていきましょう。

【リノベーションにかかる費用】

リノベーションはリフォームに比べて大規模工事になることが多いので、工事内容によっては大きく費用がかかることがあります。

新築戸建て住宅よりも安く済むのでは?と思っていても、注文住宅と同じで細部にわたってこだわるとその分費用がどんどん上がっていきますので計画的に家づくりをすることが大切ですね。

 

一般的に戸建て住宅のリノベーション工事は、30~100万円/坪と言われていますが、これも使う資材や取り入れる住宅設備のグレードによって変わります。

また、最近多い断熱性能や基礎補強など住宅そのものの性能を向上させる目的がプラスされる場合は、もっと費用がかかるでしょう。

リノベーションをしたい住宅の築年数などによっても工事の規模が変わることがあります。大規模工事になればその分、工事日数もかかるため費用も高くなります。

 

【リフォームにかかる費用】

リフォームの場合もリノベーションと同様で、どの場所をどの程度リフォームしたいのかによって費用が大きく変わります。

 

トイレだけなど一部分のリフォームであれば15万~30万円程度。お風呂やキッチンなどは少し高く、60万~120万円程するでしょう。

このように原状回復のために水回りや床、壁など部分的にリフォームしたい場合は、数十万程度で済みますが、すべて老朽化が気になるのでフルリフォームしたいという場合は200~500万円程度かかってきます。

 

また、リノベーションと同様に使う資材によっても費用が変わりますから、リフォームを検討している場合は、どのくらいの費用をかけられるのか?リフォームしたい箇所の優先順位などを付けておくと失敗がないと思います。

リノベーションとリフォームのメリットデメリット

リノベーションとリフォームってどう違う?費用の違いやメリットデメリットを徹底解説!

リノベーションとリフォームでは、かかる費用にも工事内容にも少し違いがあることがわかりましたよね。

続いては、それぞれのメリットデメリットについても見ていきたいと思います。

 

【リノベーションのメリットデメリット】

 

■リノベーションのメリット

・自由度が高い

・自分好みの家にできる

・物件の資産価値が上がることも…

・物件の選択肢が広がる

 

リフォームとは異なるリノベーションの大きなメリットは、「自由度の高さ」です。

家族構成やライフスタイルによって好みの間取りに作り変えることができるので、自分好みの家に仕上げることができます。

 

また、リノベーションをすることによって建物そのものの性能が向上することも。

これによって資産価値がアップする場合もあります。

新築で注文住宅を建てようとすると、予算的に難しかったり気に入った場所に土地が見つからなかったりする場合、中古物件を購入しフルリノベーションをすることができれば、物件の選択肢も広がり、思い通りの住宅を手に入れることができるかもしれませんね。

 

■リノベーションのデメリット

・大規模工事になるので費用がかかる

・工事期間が長くなる(仮住まいが必要になることも)

 

リノベーションの場合、大規模工事になることが多く、その分工事期間が長くなり費用がかかってしまいます。

築年数の古い中古物件を購入すれば、物件そのものの費用は抑えられますが、大規模修繕が必要な場合、工事費用がかかってしまうことも。

 

また、フルリノベーションのように一からすべて設計が必要な工事の場合は、工事費用に加えて設計費用なども必要になります。

さらに工事日程がかかればかかるほど、入居までの日数が長い為、場合によっては仮住まいが必要になるかもしれません。

 

このように、リノベーションの場合は費用やスケジュールの面も踏まえて検討することが大切です。

【リフォームのメリットデメリット】

ではリフォームの場合はどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

そちらも詳しく見ていきましょう。

 

■リフォームのメリット

・部分的なリフォームなら数十万で費用を抑えられる

・大掛かりな工事でない場合は期間が短く済む

・部分的な工事でも暮らしやすさが改善される

 

リノベーションのように大きな工事でない場合でも、壁や床が一新されれば気持ちも新たになり、暮らしやすさも改善されますよね。

工事内容によっても数十万で抑えられますから、費用面の心配もなくなるでしょう。

 

■リフォームのデメリット

・自由度が低い

・部分的な工事になるので統一感がなくなることも…

 

リフォームの場合は、リノベーションのように間取りを変えるなど大幅な変更をするわけではないので、決められた中から選択するような工事になります。

そのため、自由度は少し低め。

「今よりもっとこうしたい!」という強い要望がある場合は、どちらかというとリノベーション工事の方が向いているかもしれません。

 

また、原状回復のためのリフォームの場合、手を加えていない箇所とのバランスが悪くなることも。

床や壁がこの部屋だけきれいになっている!といった、見た目の面で統一感が失われてしまうかもしれません。

 

【2022-23】リノベーションやリフォーム対象の補助金制度

リノベーションとリフォームってどう違う?費用の違いやメリットデメリットを徹底解説!

リノベーションやリフォームは、環境保護の観点からも現在最も注目度が高いと言われているので、国や自治体で様々な補助金制度が設けられています。

これらを活用し、既存住宅のリノベーションやリフォームをしたり中古物件を購入してマイホームを手に入れたりすれば、費用負担を軽減することができますよ。

 

ここでは、2022-2023対象の補助金制度についていくつかご紹介します。

補助金制度は、上限額が達した段階で予告なく募集終了となりますので注意しましょう。

【住宅エコリフォーム推進事業】

住宅をZEHレベルの高い省エネ性能へ改修する取り組みに対し、支援する補助金制度。

 

■募集期間:2022/9/14~2023/1/13

■対象事業:省エネ診断、省エネ設計、省エネ改修など

■補助額:省エネ診断…補助率1/3等

    省エネ設計…補助率1/3等

    省エネ改修…補助率11.5%等、補助限度額512,700円/戸(戸建て住宅)

 

※参考:国土交通省HP住宅エコリフォーム推進事業

【こどもみらい住宅支援事業】

断熱改修やエコ住宅設備などの工事を対象に補助金が支給される制度です。

 

■交付予約期間:2022年3月28日~遅くとも2023年2月28日まで

■交付期間:2022/3/28~遅くとも2023/3/31まで

■補助額:子育て世帯または若夫婦であれば上限45万円

 子育て世帯または若者夫婦世帯ではない場合は上限30万円

     

※中古住宅を購入しリフォームする場合…最大60万円が交付されます。

 

※参考:国土交通省HP「こどもみらい住宅支援事業」

【次世代省エネ建材実証支援事業】

外張り、内張り、窓断熱など高性能な断熱改修工事を取り入れた住宅への支援事業です。

上記2つの補助金制度と違い、部分改修工事でも対象となります。

 

■公募期間:2022/10/1~2022/11/30まで

■補助額:対象工事によって定められる(※詳しくはこちら

 

※参考:SII環境共創イニシアチブHP「次世代省エネ建材実証支援事業」

リノベーションやリフォームも家づくりの1つの選択肢として検討しよう

リノベーションとリフォームってどう違う?費用の違いやメリットデメリットを徹底解説!

リノベーションやリフォームは、既存住宅を有効活用する1つの方法。

建てて壊して…というような家づくりは地球環境にとっても大きな負担です。

今ある家を改修・改築をし、より豊かな暮らしを実現させるというのも、1つの家づくりの形。

これからは、環境保護の観点からもこのようなリノベーションやリフォームの需要が高まっていくと見られています。

 

私たち無添加計画でも、新築に限らずリノベーションやリフォームのご相談も随時受付ております。

補助金制度の対象となるような性能向上リノベーション(リフォーム)を行えば、今よりもっと住環境が良くなるはず!それはきっと家族みんなの幸せにつながりますよ。

 

なかなか希望の土地が見つからないなどマイホーム計画が進んでいない方こそ、中古物件+リノベーションという選択肢も検討し、住宅購入の幅を広げてみてくださいね。