ブログ

2021年7月7日

外断熱材にネオポールを使う6つのメリットとは?ドイツ生まれの断熱材はココが凄かった!【コラム】

  • 未分類

そもそも外断熱とは?


 

外断熱とは、建物全体を断熱材ですっぽり包み込み、外からの熱気や冷気を遮断すること。

外断熱がしっかり施されていると、建物が外気温に左右されにくいので、室内がほぼ一定の温度に保たれます。

 

これにより、

・一年中室内が快適な温度になる

・家電に頼り過ぎないので光熱費を削減できる

・冷暖房の省エネルギー化が図れる

・内断熱だけでは足りない気密性も高められる

 

といったメリットがあります。

 

ただし、外断熱は内断熱に比べて施工時のコストが高いというデメリットも。

しかしこれは、初期費用に関して言えば…ということ。

 

外断熱は、気密性・断熱性がアップするので、年間の光熱費を抑えることができますから、長い目で見れば、コスト面はあまり気にならないことが多いでしょう。

 

ヒートショック対策には「高気密・高断熱」の家づくり【コラム】

 

外断熱材「ネオポール」とは?


 

外断熱材であるネオポールは、優れた断熱性能を持ち、外壁下地としても使えるハイブリッドな断熱材です。

 

このネオポールのもとになっているのが、「ビーズ法ポリスチレンフォーム」。

Expanded Poly-Styreneの頭文字をとって、EPSと呼ばれています。

 

ネオポールは、通常のEPSボードと比べて約1.3倍の断熱性能を持っているため、建物の構造体そのものをしっかり守ってくれるんです。

 

南極昭和基地の外断熱材としても採用されており、現在でも当時とほとんど変わらない断熱性能を誇っていると言われています。

 

そんな凄い性能の外断熱材「ネオポール」。

ネオポールを使った家づくりにはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

 

外断熱材「ネオポール」は耐久性に優れている!


 

先述したように、ネオポールは南極にある昭和基地にも使われている外断熱材です。

それだけ、耐久性に優れているということですね。

 

また、ネオポールは弾性に優れているため、自由自在に曲げることが可能。

両手で強く曲げても折れる心配がありません。

壁にカーブをつけるなど、様々なデザインにも対応できます。

 

 

外断熱材「ネオポール」は省エネ効果も抜群!


 

外断熱というのは、建物の中に熱気や冷気が入り込まないよう、まるごと外気から遮断してしまうので、暑い夏も寒い冬も、外気温に左右されず、常に室内温度が一定に保たれます。

 

これにより、冷暖房を必要以上に使うことがないため、省エネルギー化が図れるのです。

もちろん、冷暖房に頼り過ぎないことで、光熱費も削減できます。

 

加えて外断熱材・ネオポールの凄いところは、遮熱効果を併せ持つところ。

 

ネオポールに練り込まれているドイツ生まれの特殊なカーボンが、鏡のような役割を担い、熱を反射することで建物からの熱損失を防いでくれます。

 

これにより、従来のEPSボードよりも断熱性能が30%もアップしたと言われているんです。より快適に暮らすことができるのは、高い断熱性能があるからこそですね。

 

 

外断熱材「ネオポール」は安全性も高い!


 

ネオポールのもとになっているEPSボードは、そのもの自体が燃焼をし続けない性質がある「自己消化性」を持っています。

そのため、万が一の災害時でも安心。

構造一体で国土交通省の防火構造30分認定を取得しているほど、安全性の高さを誇っているんですよ。

 

 

外断熱材「ネオポール」は結露防止効果もある!


結露は、木造住宅の寿命を縮めてしまう大きな要因です。

さらには、シックハウス症候群の原因となるカビやダニを発生させてしまうことにもつながるため、「たかが結露」と思っているのは大変危険なのです。

 

外断熱材として使用するネオポールは、通気性に優れているため、このような結露を防止する効果が期待できます。

柱などの構造材も湿気を帯びにくい為、シロアリが住みにくい環境を作ることも可能なんです。

 

このようなことから、ネオポールは、建物そのものの寿命も延ばしてくれるので、長く快適に住める家をつくることができるんですよ。

 

「クアトロ断熱」の家で感じられる3つのイイコト【コラム】

 

外断熱材「ネオポール」はコスパも◎!


 

ネオポールは、一般的な外断熱乾式工法に比べて、性能も良く、軽量で作業効率も良いため、コストを大幅にカットできます。

 

外断熱の施工というと、高額なイメージを持つ人も多いと思うので、少しでも予算を抑えることができるというのは、嬉しいことですね。

 

 

外断熱材「ネオポール」は地震の揺れにも強い!


 

ネオポールを外壁材として使用する際は、ナノ単位の粒子を含むモルタル(コンクリート)を下塗りし、その上に特殊なネットを使って外壁全体を覆います。

これにより、地震の揺れに対する強度もアップ。

塗り壁に起こりやすい、割れやヒビも防止できるので、いつまでも美しい外観を保つことが可能です。

 

日本は災害大国と言われるほど、地震の多い国ですから、耐震性能を高めることは非常に重要なこと。

家はもちろん、家族の命も守ることができますね。

 

「耐震等級3」の家づくりとは?耐震等級1~2との違い【コラム】

 

高性能な外断熱材「ネオポール」でより快適な暮らしを


断熱効果も高く、耐久性にも優れた外断熱材「ネオポール」。

目には見えない部分だからこそ、しっかりと性能を重視することで、長く安全に、快適に住み続けることができるのです。

 

私たち無添加計画の家づくりでも、このネオポールを採用しています。

 

断熱、遮熱に加え、調湿性、透湿性を考えた「クアトロ断熱工法」で、より心地の良い空間に。

そこに住む家族の心身の健康を考えているからこその「こだわり」です。

 

一生に一度の家づくりを後悔のないものにするために、デザインだけでなく、家の性能についても一緒に考えていきましょう。