標準化していくZEH対応の家

無添加計画のゼロエネルギー住宅 (無添加計画はZEH登録ビルダーです)

ZEHとは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。 住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

Net Zero Energy House エネルギー収支ゼロ

ZEHには補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。 ZEH補助金

  • ※1経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
  • ※2平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
  • ※3上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額。

ZEHは全ての人にとって本当に良い家か

ZEHは全ての人にとって本当に良い家か

住宅展示場に軒を連ねる量産メーカーの多くが、太陽光発電、エネファーム、高性能エアコンなどの「設備の性能」に頼ったZEHです。 この設備の性能に頼らないと成立しないZEH支援は、高性能・高断熱を提唱している建築家などからは「メカZEH」とも呼ばれ、 創エネルギーの採用が大前提。

弊社の考える「住宅そのものの性能向上」によりミニマムエネルギー、ゼロ・エネルギーを目指すものではありません・・・

現状では、受給できる補助金と導入するイニシャルコスト、性能、一生涯のランニングコスト、ご希望ご要望を含め、ライフプラン、ライフスタイル、メリット、デメリットなどなど、総合的なバランスを検討の上、採用有無のご提案を考えていければ、と思います。

補助金もらえれば何でもあり、ではなく、しっかりとした根拠とぶれないこだわりのある家づくりをしていきましょう。

ZEH事業計画

今後の普及率目標(年度毎)

■具体的な普及策(ZEH低コスト化への取り組み等)

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策
月1~2回程各支店管轄エリア内にて開催する「家づくりセミナー」にての告知・宣伝等の実施。
竣工後のZEH住宅に於いての見学会開催させていただき、実物のZEH住宅をご覧になって頂きながら、その必要性を提言。 ZEH仕様のモデルプランを作成し、ご検討中のお客様に具体的な内容を図説にてプレゼンテーション実施。
全てのお施主様に対し実施しているライフプランニングの中への落とし込み反映提案を実施し、ZEH住宅の有効性を提言。

【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策
家創りに対して、同じ志を持つ全国約25社の工務店(住医学研究会)にて資材の共同開発・仕入等を
実施する事で、良い素材の住宅を適正価格でご提供できるように日々努めておりますが、
ZEH住宅をより普及させる事により、流通価格のさらなる低下を目指し、コストダウンを実現します。

【3】その他の取り組みなど
断熱性能、創エネルギーに依存する事無く、パッシブデザインとの効果的な融合を見据えたプランニングを実施し、ご提案します。