ブログ

2021年6月29日

安全持続性能

  • お知らせ
  • リフォーム
  • 住まいと健康
  • 健康
  • 安心・安全
  • 家づくり
  • 想い

人生100年時代、日本ではもう何年も前から問題視されている「少子高齢化」

いわゆる団塊世代とよばれる世代が、75才以上となる2025年には、総人口における高齢化率はピークを迎えるとも言われています。

もちろん、医療の発達によって、平均寿命も上昇。

2019年、男性の平均寿命で81.41歳、女性では87.45歳となっています。

(厚労省 令和元年簡易生命表の概況より「平均寿命の年次推移」参照(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/index.html

とは言っても、医療に生かされるのではなく、いかに、自らの意思で、健康に過ごしていけるか。

健康住宅として、老後の生活が不便なく、快適に過ごせるように、間取りや設備はもちろんのこと、断熱・気密、家の性能も重要です。

ただ、どんなにピンピンコロリを願っていても、やはり、年々、人の身体は衰えていくものです。

筋力は20代をピークに落ちていき、60代では、最大40%も低下すると言われています。

筋力の衰えや、視力の低下、感覚やバランスの障害によって、【転倒】の危険性も多くあります。

その転倒の危険性が恐怖心となり、活動量が低下、さらに筋力の低下、、、という負のスパイラルの可能性も・・・

2019年、転倒や転落による緊急搬送は約67,000人。

転倒が発生した場所の1〜3位は、室内(リビング・寝室、玄関・勝手口、廊下)、転落の1位は階段とのこと。

家づくりでは、この外的要因である箇所をいかに少なくするかということも考えながら進めることが大切です。

弊社では、このような実体験をされた方を実際にリハビリで支えてきた、作業療法士のヨシローさんをアドバイザーとして、住宅の設計やリフォームのアドバイスに活かせる体制を整えました。

健康を維持する住宅性能は当たり前となり、さらに、自然と襲いかかる老化によるリスク対する「安全持続性能」として、目を向けてみることにしました。

特別なことはありませんが、当たり前のことを当たり前に、です。

詳しい基準、取り組みは、各担当者までお気軽にお問い合わせください。

※ヨシローさんYou Tube

※ヨシローさんTwitter

【あれから10年】お施主様インタビュー動画

不動産・住宅建築・住宅ローン・ライフプランニングのプロとしてワンストップサービスを提供する【無添加計画】

無添加計画は、、、

【プロサイクルロードレースチーム さいたまディレーブ】を応援しています。

【社会人サッカーチーム コバルトーレ女川】を応援しています。

【J2 リーグ 栃木サッカークラブ 栃木SC】を応援しています。

【Bande GK Academy(埼玉ゴールキーパースクール)】を応援しています。

【フォルーサ サッカークラブを応援しています。】

【無添加計画 公式Facebook】

【無添加計画 公式Instagram】

【無添加計画 公式YouTubeチャンネル】

【瀬野 剛史 Facebook】

【瀬野 剛史 Instagram】

いいね!やフォローを是非。