OWNER’S BLOG

オーナーズブログ

NEW

YouTubeで生放送!Q1.0(キューワン)住宅ライブ見学会~仙台支店で建てた健康注文住宅に入居中!~

山形市で健康注文住宅に入居中の42tkbtsです。

「コロナが心配で住宅展示場やモデルハウスには行けないな…」

という方には、オンライン住宅見学会をオススメします。

今日は2回目の自宅に居ながらのオンライン住宅見学会でした。

YouTubeを通して、ご自宅を訪問している感覚になれる、いわばWeb内覧会です。

1回目【パッシブデザインハウスのWeb内覧会】
https://www.re-trust.com/blog/owners/2020/05/10/3240/

 

————————————————————
超省エネの高断熱住宅
————————————————————

今回見学させていただいたのは、Q1.0(キューワン)住宅と呼ばれるお家です。

『Q1.0住宅』とは、「一般社団法人 新木造技術研究協議会(新住協)が提唱する超省エネ高断熱住宅のこと」です。

エネルギーをほとんど使っていないのに夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるスッゴイ家ということです。

 

【暖房は基礎内部(下)へ、冷房はロフト(上)へ】

暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降する特性があります。

Q1.0住宅では、その特性を最大限に生かしています。

今回でいえば、基礎内部に暖房器具を設置し、1階の床に基礎とつながるガラリを設けて、吹き抜けから2階に暖かい空気を送っています。

「高い断熱性能があるから実現する、足元から暖まる効率的な暖房方法」です。

基礎は人がめったに入ることのない”開かずの間”というイメージがある方が多いと思いますが、基礎も断熱しているので、暖房器具を置くなど有効活用することができます。

さらに、高い断熱性能により、ロフトに設置した冷房器具で家全体を涼しく保っています。

「エアコンから伸びるダクトが壁内を通り、各部屋の換気口から冷気が送られる全館空調システム」になっています。

各部屋にエアコンを設置しなくても、エアコン1台だけで夏の猛暑を乗り切ることを可能にしています。

それは、家全体が【自然素材の魔法瓶】になっているからこそできることです。

魔法瓶を生かして、少ないエネルギーでも一定の温度をキープしています。

話を聞いただけでは信じがたいと思いますので、実際にQ1.0住宅で宿泊体験↓してみてはいかがでしょうか。

MODELHOUSE in 仙台市


――――――――――――――――――――――――――――――――
自然素材と無垢材でつくる、高断熱、高耐震の健康住宅。
私が選んだのは、無添加計画です。
――――――――――――――――――――――――――――――――
2020

- Jun -

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

WRITER

このブログを書いている投稿者

42tkbts

42tkbts