ブログ

2019年10月18日

【松戸市S様&H様邸】スペイン漆喰の下地づくり

  • 現場

千葉県松戸市で自然素材注文住宅を建築中のS様&H様邸(二世帯住宅)にて、内壁の仕上げ材であるスペイン漆喰の下地作業中です。

無添加計画の推奨仕様である自然素材100%のスペイン漆喰には、7つの特徴があります。

 

①とても優れた調湿機能
固化剤として一般的に使用されている樹脂、セメント、石灰などの化学製品の成分を一切使用していないため本来の機能を100%発揮。
優れた調湿機能で、快適な室内空間をつくります。

 

②結露、カビ・ダニを防ぐ
優れた吸放湿機能で湿度を調整し、結露やカビ・ダニ、ひいてはアトピー対策として効果的です。

 

③自浄作用あり
自浄作用があり、時間とともに汚れが薄くなっていきます。

 

④保温・断熱による省エネ効果
無数の気孔が空気の層となり、外気温に影響されにくく、冬暖かく夏涼しい室内環境が得られます。

 

⑤においの吸着
タバコやペットの気になるにおいなど、家の中の生活臭を吸着・脱臭するのでトイレにもおすすめです。

 

⑥環境にやさしい
樹脂やセメントを一切含んでいないため再利用ができ、自然に還すことが可能なエコロジ一材料です。

 

⑦有害物質を発生しない
シックハウスの原因となる化学物質を一切含んでいません。
また室内の有害物質を吸着する安全・安心な素材です。

 

スペイン漆喰についての詳細はこちら↓

スペイン漆喰の塗り壁