みんなの声

実際に住んでみてのご感想

NEW! 薪ストーブでゆったりまったりの家

薪ストーブでゆったりまったりの家

茨城県牛久市M様邸

【医師が薦める本物の健康住宅 2108年 掲載物件 以下は抜粋記事です】

M様ご家族は、ご夫妻に娘さん2人、息子さん2人の6人家族。お子さんが小さい頃は、みんなでキャンプにもよく出かけたそうだ。趣味の農業でお米や野菜を栽培するなど、環境にも健康にも高い意識をお持ちだからこそ、自然素材を使う「0宣言の家」にも興味を持たれた。
「あるイベントで澤田升男さんの話を聞いて、この人の言っていることは本当だなと感じました。その後、家内と一緒にセミナーにも参加して、やっぱり建てるならこの家がいいと。他のハウスメーカーを考えたことはありません」と、ご主人。
実際にマイホーム計画をスタートさせたのは、お子さんたちが成長し、自立し始めてから。「独立した子どもたちがいつでも帰って来たくなるような家、家族みんなで楽しめるような家にしたいと思って」と、ご主人が語ると、奥さまも「前に住んでいた家がとても古くて、とにかく冬が寒かったということもありますね。家の中なのに息が白くなる日があるほどで、なんとかしなければとは思っていたんです」と、以前の住まいでのお悩みを話してくれた。
そして、そんなお二人の思いを形にするべく、「0宣言の家」づくりが始まった。

M様邸は、リビングに新ストーブ、3つの部屋にロフトを設けるなど、暮らしを楽しくする工夫があちこちに見られる。「特にこうしたいというイメージがあったわけではないんです。最初に提案してもらった設計が気に入って、そこに少しずつやりたいことを後付けで増やしていった感じかな」とご夫妻。
また、建築現場に足を運び、実感されたことがあったそうだ。「土台からしっかりつくられていますよね。何かあってもここに帰ってくれば大丈夫だという安心感があるんです」とご主人。「それに、基礎の通気口が無い基礎断熱工法ですので土台の側面から雨風が入ることがありません。床下スペースを貯蔵庫代わりにすれば、サバイバルにも強そう」と、楽しそうに笑う。「0宣言の家」での生活はすでに5年日。建物の安心感とともに実感しているのは、その快適な住み心地。「とにかく暖かいですね。それに、ここで暮らし始めてから、不思議と手荒れをしなくなりました。風邪をひいたり、熱を出して寝込んだりすることもありません。健康が底上げされたように思います」と奥さま。見えない部分にこそ、納得と満足を。住み手にそれを提供できるのは、こだわりを貫く本物の家だ。