みんなの声

実際に住んでみてのご感想

ワンコも癒される勾配天井のリビングの家

ワンコも癒される勾配天井のリビングの家

東京都西東京市O様邸

【医師が薦める本物の健康住宅 2107年Winter/Spring 掲載物件 以下は抜粋記事です】

ご主人の仕事の転勤が多く、これまで何度も引っ越しを繰り返していたというO様ご家族。関西に自宅を持ちながらも、ご自分たちはずっと賃貸生活を続けていたが、お子さんたちの成長に伴い、東京でのマイホームを検討するようになったそうだ。「中学生になった娘がこれ以上転校しなくてもすむように」と、限られたエリアで土地探しから始めることになった。しかし、家を建てるとなると、気になるのは資金繰りだ。思案している時、たまたま家の近くで澤田升男氏のセミナーがあることを知り、資金繰りの話を聞こうとご夫妻で参加してみることに。「澤田さんのお話は、資金繰りの話や住環境の大切さなど自分たちに当てはまることがたくさんありました」とご主人。奥さまも、「当時の家は日当たりが悪く、湿気が多かったんですが、そこに越してから娘がよく体調を崩していたんです。『もしかして、娘の体調はこの家のせいでは?』と気づきました」とうなずく。これまであまり意識していなかった健康と住環境のかかわりが、ご夫妻の中で一つに結びついた。

当初はゆっくり進んでいた計画も、息子さんの大学受験、娘さんの高校受験を控え、「暗い家より新しい家で勉強したほうがいいかも」と、急遽スピードアップ。受験則の夏には、明るく快適な新居が完成した。「引っ越して娘の体調も以前よりよくなりました。息子も図書館や自習室より自宅のほうが集中して勉強できたようです。二人とも無事に志望校に合格できました」とご夫妻もうれしそう。
この春から、お子さんたちは新しい学校生活をスタートした。年頃のお子さんたちと、朝、1日1回でも顔を合わせられるようにと、洗面所をあえて2階の1カ所にしたが、実際に暮らしてみると、息子さんも娘さんも、家に戻ってくるなりカバンを持ったままリビングまで上がってくるのだとか。「1階に自分の部屋があるんだから、カバンくらい置いてくればいいのにね」とご主人は笑うが、O様宅の明るいリビングには、家族みんなが自然と集まりたくなる心地よさ、楽しさがあるのだ。そんなご家族の様子をジッと見つめる柴犬のあずきちゃんにとっても、みんなの集まるこの場所がいちばんのお気に入りに違いない。