みんなの声

実際に住んでみてのご感想

NEW! インドアでアウトドアを感じる極太丸太の家

インドアでアウトドアを感じる極太丸太の家

愛知県小牧市K様邸

【医師が薦める本物の健康住宅 2108年 掲載物件 以下は抜粋記事です】

安心して子育てできる家とはどんな場所なのか―。3人目のお子さんが生まれたとき、それを真剣に考え始めたK様ご夫妻。当時住んでいた実家では手狭さが否めないため、理想の家を新築することを決意した。以前から「0宣言の家」については夫婦ともに講演会などで知っていたため、それを第一候補に考えていたという。「私はもともと自然のものや健康的なものが好きで、主人からマニアと呼ばれるほど(笑)。ですから無拓の木材、漆喰などの天然素材、接着剤にまでこだわる0宣言の家の考え方にすごく共感を持てました」と奥さま。家づくりを決意した際にも、それらの知識を事前に持っていたため、各社のハウジングセンターで聞いたセールストークも、客観性を持って比較することができた。ご主人も「素材や断熱性能など比較しても、0宣言の家が最も優れている、本物だなということを再認識できました」と。
いざ家づくりをするにあたって重視したのは「人が集うことのできる家」。そのためには広くて開放感があることが条件だ。リビングが広く、庭でバーベキューができる、自ずとそんな設計となった。

広さを求めたのにはもうひとつ、「子育て」という理由がある。子どもがのびのびと遊ぶことができるよう、広さのほかに「回遊性」を考えた間取りにまとめた。完成して1年半、K様邸を訪問すると、屋根裏まである吹き抜けの高さに圧倒される。これが広さと相まって、この上ない開放感を生み出している。見上げると、丸太ばかりで構成された空間が遊び心と寛ぎをプラス。吹き抜けは光や空気を通して快適さを生み出すのみならず、声の通り道として家族間のコミュニケーションを促進させるのにも一役買っているのだ。

4歳になった3人目のお子さんは「自由奔放」という言葉そのままに、家の中を気ままに走り回る。「回遊できるので行き止まりがなく、いつまでも走り回っているんですよ。よく追いかけっこをするんですが、ずっと全力で走っていて、こっちが先に息切れしてしまいます」と、ご主人もタジタジになるほど快活な子どもに成長中。無垢フローリングの床や漆喰の壁、柱、天井まで自然の素材ばかりでできた家なら、健やかに育つことは間違いなさそう。寛ぎと遊びをふんだんに盛り込んだ家の中に、一家の笑顔が満ち溢れていた。