人の体は、物質であると同時に生命エネルギー。
自然のままが最高傑作であるように作られている。
それは、住宅も同じこと。
体も、家も、ピュアでいることが一番大事です。

医療法人山桃会 Y.H.Cクリニック院長
矢山 利彦外科医

私は外科医として経験を積んできましたが、今は手術を行っていません。重篤な患者さんの治療をすればするほど、あることを感じるようになったからです。

それは、「人間は、もともと自然がつくった最高傑作である」ということ。本来は、生まれてから死ぬまで健康で、自分のやりたいことができるようにつくられているはずなのです。ところが、いつの間にか病気になってしまいます。

それは一体なぜなのか。

「なぜ? なぜ?」を追求していくと、本来の健康を妨げるものが体にくっついてきてしまうからだとわかってきました。

そうであれば、一刻も早く体の働きを邪魔するものを取り除き、必要なものを補ってあげればいい。そう考えるようになったのです。

そこで注目したのが、「歯」です。

体に合わない詰め物やかぶせ物、かみ合わせの不整、口腔内細菌など、歯に問題があると、治る力が極端に弱くなってしまいます。

もっとも怖いのは、歯に詰められた金属です。この歯科金属からの電流は「ガルバニック電流」と呼ばれ、平均350mvにもなります。心電図をとる際、3.5mvを超えると心臓肥大と診断されますが、調べてみると、その100倍もの電気が口の中から出ていたのです。これにはびっくりしました。

口の中から大量の電気が出ると、交感神経が緊張し、免疫が落ちてくることがわかっています。また、ストレスがかかって唾液が十分に出なくなり、放っておくと、口腔内細菌が増える原因にもなります。口腔内細菌が増えると動脈硬化や糖尿病、脳卒中、心筋梗塞など、大きな病気を引き起こすといわれています。

しかし、金属を除去すると、長年の痛みや不快感から解放される人が続出したので、「これだ!」と思いました。 頭痛、頭が重い、肩こり、目の疲れ、だるさ、腰痛、背中の痛み、ひざの痛み、手足の冷えなど、一見、病気とはいえない症状も、9割の人が改善しました。そして、一人の患者さんを歯科医と医者が協力して治療していくという、これまでにない治療方法にたどりついたのです。

建物も物質であると同時に波動です。

だから「ここは何となく気持ちがいいな」という空間と
「何となく居心地が悪いな」という空間があります。

矢山医師

現在、「バイオレゾナンス医学会」を設立し、ドイツの医師たちと一緒に研究しています。

「バイオレゾナンス」とは聞き慣れない言葉だと思いますが、少し世界観を拡張してお話しすると、人の体は物質であると同時に、生命エネルギー(波動・気)なんだという考え方です。建物も物質であると同時に波動です。

だから、「ここは何となく気持ちがいいな」という空間と、「何となく居心地が悪いな」という空間があるんですね。しかし、体でいえば、その「何となく」はレントゲン、血液検査ではわからないのです。

そこで私が開発したのが、ゼロサーチという器械です。これを使って、波動的に「病因」を推定していきます。

そうすると、「なぜ」この人が病気になっているか、「なるほど」そういうことか、じゃあ「どうする」かがわかる。そして、害のない方法、たとえば漢方、食事療法、フラワーエッセンス、気功などで病因を除去することによって、体の働きを回復させ、病気を治していくのです。

では、人を病気にする「病因」は何か。これまで延べ1万5000人の患者さんを観察して、次の5つに集約されることがわかりました。

1.金属汚染2.電磁波3.潜在感染

4.化学物質(ウィルス、細菌、カビ、寄生虫など)5.内因・精神的ストレス

ゼロサーチ

慢性の病気は複数の原因が重なって生じています。感染症のようなわかりやすい因果関係はありません。大きくこの5つが生体を守る力をゆがめていって、最後に何かの原因がポンッときたときに病気になってしまうのです。

5つの病因をデトックスして身体をピュアーしない限りはよくはなりません。

可能な限り自然の素材を使って家づくりをする。

それが、家族の健康を守ることにつながるのは
間違いありません。

接着剤などに使われている化学物質は、自己免疫疾患を引き起こしやすいのです。
アトピー性皮膚炎やシックハウス症候群(頭痛、不眠、目やのどの痛みなど)がそうです。
化学物質を徹底的に排除し、可能な限り自然の素材を使って家づくりをする。それが、家族の健康を守ることにつながるのは間違いありません。

実は、この病院も住医学研究会の研究結果を意識して建てています。
ここにくる患者さんの体が少しでも楽になるようにとの想いからです。

「治療装置としての建物」がコンセプトで、さまざまなところから体を癒やす気が出てくるように、風水なども取り入れて設計しています。ちょっと面白いカタチをしているんですが、カタチがつくりだす空間が、また、人間のエネルギーをよく動かしてくれる。場のエネルギーが生命エネルギーを上げてくれるといったらいいのか、待合室にいるだけで体が楽になる人が多いんですよ。
みなさんができることも、もちろんあります。電磁波を大量に出すIHコンロをやめてみる。アルミ鍋を使わず、ステンレスや鉄、土鍋を使う。野菜はなるべく低温で蒸す。衣服もできるだけ化学繊維の着用を避け、麻、コットン、ウールなどの天然素材を身につける。
住環境、食環境、生活環境をみんなでよくしていく。危険なものを排除していく。そうしたら、人間はみんなピュアーになってピカピカになります。
神様は、人を健康でいられるようにつくってくれているんですから。

そこで私が推奨するのが、愛工房の「奇跡の杉」でつくる、本物の健康住宅です。

愛工房「奇跡の杉」
愛工房「奇跡の杉」特徴
  • 1. 従来の高温乾燥を覆す、45℃の低温乾燥
  • 2. 木に無理をさせず、気持ちよく汗をかかせるように
    水だけを出して、木の長所を損なわない
  • 3. 防虫成分・芳香成分・精油成分はもちろん、
    艶も残ったまま。だから耐久性も高い
  • 4. 木が呼吸しているため、空気を浄化する
  • 5. 自然の木本来の保湿効果、調湿効果がある

高温で乾燥させると木は死んでしまう

現在の木材乾燥の主流は、乾燥温度60度から120度などの高温蒸気乾燥。乾燥はするものの、杉が本来持っている色、艶、粘り強度や芳香成分、防虫成分、精油などの生命エキスをすべて“嘔吐”してしまい、残るのは強度も光沢も失った“死んだ木材”。カビがはえ、ダニがわき、ひそかに、防腐剤・防カビ剤・防蟻剤などを注入し、これがシックハウスの原因ともなっているのが現状です。

自然界の魔法の温度45℃

愛工房という木材乾燥装置は、従来の乾燥釜に比べて非常にシンプル。人が一緒に入っても気持ちがいい温度で汗をかく、まるで木でできたサウナです。その温度は45℃。この温度で低温乾燥された愛工房の木材は、木の大切な「酵素」が損なわれないので、生命を保ち「呼吸建材」として住まいの一部となり、木も人と同様、呼吸する生きものとして、そこに住む人と共に生き続けるのです。

木そのものが断熱材の役割を果たし、室内の空気を爽やかに保つのはもとより、温度の偏りを無くす。シロアリなどの浸食を防ぐ。

一般的に「健康住宅」と呼ばれている住宅でも、抜け殻の、死んでしまった木材が使われていることがほとんどと聞くと、下地材一枚がいかに大切かが目に見えて分かります。

自然の物を、自然のまま、生きた状態で使うということ。

生命の持つエネルギーを、そのまま生かせること。

それが、素材の力を100%引き出せる愛工房の奇跡の杉に集約されていると、
住医学研究会では推奨します。

矢山医師

医療法人山桃会 Y.H.Cクリニック院長
矢山 俊彦 外科医

1980年、九州大学医学部卒業。同大学院博士課程で免疫学を専攻。2001年、矢山クリニックを開院。経絡エネルギーゼロサーチを開発し、西洋医学、東洋医学、歯科医科統合、自然療法を気の観点から融合した医療を実践。ガン、リウマチ、アトピー、喘息などの難病に高い治療効果をあげている。著書『気の人間学』『あいうえお言霊修行』他多数。

医療法人山桃会 矢山クリニック

佐賀県佐賀市大和町大字尼寺3049-1

0952-62-8892

公式サイト http://www.yayamaclinic.com/

  • 矢山医師

    生きている材料で
    つくること

  • 星先生

    身体に良い材料を使い、
    カビや菌の発生を防ぐこと

  • 安日歯科医

    自然の科学エネルギーを
    活用すること