標準化していくZEH対応の家

無添加計画のゼロエネルギー住宅 (無添加計画はZEH登録ビルダーです)

ZEHとは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。 住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

Net Zero Energy House エネルギー収支ゼロ

ZEHには補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。 ZEH補助金

  • ※1経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
  • ※2平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
  • ※3上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額。

ZEHは全ての人にとって本当に良い家か

ZEHは全ての人にとって本当に良い家か

住宅展示場に軒を連ねる量産メーカーの多くが、太陽光発電、エネファーム、高性能エアコンなどの「設備の性能」に頼ったZEHです。 この設備の性能に頼らないと成立しないZEH支援は、高性能・高断熱を提唱している建築家などからは「メカZEH」とも呼ばれ、 創エネルギーの採用が大前提。

弊社の考える「住宅そのものの性能向上」によりミニマムエネルギー、ゼロ・エネルギーを目指すものではありません・・・

現状では、太陽光のコストパフォーマンスや電磁波対策、エネファームなどによる健康被害などなど、受給できる補助金と導入するイニシャルコスト、性能、一生涯のランニングコスト、ご希望ご要望を含め、ライフプラン、ライフスタイル、メリット、デメリットなどなど、総合的なバランスを検討の上、採用有無のご提案を考えていければ、と思います。

補助金もらえれば何でもあり、ではなく、しっかりとした根拠とぶれないこだわりのある家づくりをしていきましょう。