風水鑑定

占い?家相?違います。本物の風水は統計学です

根拠のある統計学としての風水鑑定を全棟で実施

日本では、風水と聞くと「西に黄色で金運アップ」「鬼門(北東)、裏鬼門(南西)に水まわりがあると災いが起こる」といったイメージを持たれている方も多く、「家相」と「風水」が混在しているのが現状です。もちろんルーツをたどれば家相も中国伝統風水が原点であることは間違いありませんが、その歴史は短く、日本独自のものです。
一方風水にはすべて根拠があり、エネルギーの吉凶を計算する統計学です。発祥地である中国では、学問として大学でも学ばれています。

根拠のある統計学としての風水鑑定を全棟で実施

家には個々にエネルギーがあり、それはどの家も同じではありません。これから建てる家も独自のエネルギーを持つようになるのです。風水鑑定では、家が持つエネルギーを竣工年と座向で計算し、運気アップを図ります。どの家にも吉エネルギーと凶エネルギーがありますが、レメディという改善法を用いることでエネルギーの調和を目指します。

「鬼門の方向にトイレなどの水回りを配置するのは良くない」と言われた “鬼門”や”裏鬼門”の概念は日本の家相術のもので、科学的根拠に基づいた伝統風水では用いません。

根拠のある統計学としての風水鑑定を全棟で実施

鑑定に羅針(コンパス)を使用しない。 風水鑑定師は羅針(コンパス)で建物のエネルギーを計算し、そこに住む人にどのように影響を与えるのかを分析したうえで、レメディ(改善方法)を調べます。レメディを置くことにより、エネルギーが改善されます。
八卦鏡、水晶、風鈴などを用いる。もし風鈴が金(真鍮またはメタル)でできていれば使用できますが、的確なアドバイスのもとで正しい場所に置かなければ問題を引き起こす原因にもなります。

建物の竣工年や、住んでいる人の誕生日を尋ねない。今年建つ家でも10年前に建った家でも同じエネルギーということは、本来あり得ません。また、暮らす人と環境の調和を図り、バランスの良い気の流れをつくるのが風水の目的。

鑑定では各個人の出生年月日を尋ね、太陽系の動きを調べた上で、人間、環境、時間を軸とした相互関係を見ていきます。