性能向上リフォームの大切さ

住宅の基本性能向上を目的としています

健康被害の原因にもなり得る、室内温度差や断熱欠損

住宅の健康被害について、現在いろいろと取り上げられています。

その主な要因として、木目をプリントした数ミリのシートをコンパネの表面に貼り付けた合板フローリング、海外で厳しい規制のある塩化ビニールで出来たビニールクロス等の「新建材」の使用に伴う、クロスを貼る糊や接着剤などから揮発される化学物質による室内の空気汚染が挙げられます。

しかし、実際にはそれだけではありません。
住宅の断熱欠損による「湿気」から、構造の腐食や断熱材や窓廻りに多く発生する「結露」によるカビ・ダニの繁殖によってもたらされる室内の空気汚染も大きな問題となります。
カビは家屋を常宿とするダニの餌になり、ダニの糞や死骸がアレルギーの原因となり、カビが増えればダニも増え、「アトピー」「喘息」「シックハウス症候群」の原因となります。内装を、自然素材を使用して揮発性化学物質を少なくしても、主に壁の中などで発生するカビ・ダニは見えない部分で繁殖するため改善されない事があります。
健康被害の原因にもなり得る、室内温度差や断熱欠損
また、「24時間システム換気」で換気しても、換気効率の悪い既存住宅では十分な換気が行われません。
更に、断熱欠損による各室の温度差による「ヒートショック」、室温の変化が大きいと血管に生じるリスクが問題となることが分かっています。

無添加計画のリフォームは

断熱改修を中心に住宅の基本性能向上を目的とした、
「性能向上リフォーム」をご提案ご提供しています。