ブログ

2018年11月8日

樹脂サッシ

  • 日常

こんにちは。

戸谷です。

 

6日の火曜日に株式会社栗原という会社のサッシの工場見学に行ってきました。

 

サッシの作成工程など見学してまいりました!

 

樹脂サッシはご存知でしょうか?

樹脂サッシとは、Low-e複層ガラス+樹脂、つまり、ガラスに金属のコーティングしてある、ペアガラスと窓の枠部分が樹脂になっているやつです。

ペアガラスは窓にガラスが2枚あるものになります。

こちらは熱が逃げにくくなる為、冬は暖かいです。単体ガラスの約4倍は逃げにくくなっております!

なら夏は暑いのかというと、そうではありません。金属コーティングしてある為、太陽の熱を約60%カットします。夏の直射日光でも、室内温度が上がりにくくなっております!

窓に日焼け止めを塗っているようなイメージです!!!

 

もうひとつ、枠部分が樹脂になていると何がよいのか、、、。

 

枠部分がアルミになっているのが現状多いのではないでしょうか?

アルミになると枠部分が冷たくなると思います。

そこを樹脂にすると熱の伝わりにくくなるので、冷たくならないのです!!

フライパンの取手などが樹脂になっていると、熱くなく持てますよね!!

樹脂にする事で、結露の発生を軽減します!

樹脂の熱の伝わり方はアルミの1000分の1になるので、室内外の温度差で生じる結露を防ぐというわけです!

 

樹脂サッシにすると、冬は3℃暖かく、夏は2℃涼しくなります!

寒い冬も、今年のように暑い夏を少しでも快適に過ごせるようにいかがでしょうか?

 

以上、戸谷でした!