ブログ

2019年1月10日

ストック住宅を

  • リフォーム
  • 安心・安全
  • 新築住宅

ストック住宅が増え続けているのはご存知ですか。

当たり前と言えば当たり前です。

皆さんの周りでも、次から次へと新しい家が建築されていませんか。

近くの分譲売れ残っているというのも有ったり・・・

戸建てに関わらず、賃貸アパートや分譲マンションもそこら中で建築されています。

少子高齢化で人口も減ってしまう状況で・・・

820万戸の空き家があるのに建てるって、ストック住宅を減らそうとしている?のに建築確認許可してどうするのでしょう。

分譲の際、分譲数の3分の2以上のストック住宅を再生しないとダメとか・・・やってもダメか

空き家が増える原因なのでしょう。

必ず原因があるものですから原因を考えないと解決策は見えないと思います。

で、考えるに日本の家はゴミだからでは無いでしょうか。

建てた瞬間から価値がなくなるシステム・・・なのでそれなりの住宅しか建っていない。

今でこそ、断熱性能が高い住宅が建築されてきていますが古い住宅はほぼ無断熱に近い性能・・・

何度も言っていますが、建物の基本性能を断熱性能と考えて、断熱性能基準を設け断熱性能基準に適合していれば優良物件と認定され・・・

固定資産税が少し安くなるとか・・・何らかしらの優遇が受けられる。

価値があるものを放置はしないと思うのですが・・・そんなことは無いのでしょうか。

貸家にするにも断熱性能A基準とか断熱性能がの高い家だと分かれば借り手は付くのでは・・・

家を建てる、買う人には金利優遇が有ったり、減税が有ったりとなっていますが、ストック住宅無くす優遇をするべきでは

少し前に、ストック住宅の補助金をやってましたが、ストック住宅にならないようにするという訳の分からないもので

ストック住宅を無くすことにつながっていない・・・税金の無駄遣い的な事をやったりします。

基本、メーカーさんが儲かるようにするためです。

住宅リフォームの補助金ハードルは金額が多ければ多い程高い。簡単に取り扱えない補助金だったりします。

新築も断熱性能が高かろうが低かろうが等しく減税が受けられるのやめた方が良い。

断熱性能が低い住宅の減税率が低く成れば、断熱性能が高い家を建てようとしませんか。

そうすると、断熱性能が低い住宅を作る会社も無くなり、断熱基準は上がるような気がします。

それこそ、ストック住宅を減らす方法にならないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。