ブログ

2018年12月6日

NEW!

ヒートショック対策?~

  • リフォーム

玄関ドアに結露が出ています。

リビングの温度は約19℃湿度は52%

玄関ドアの性能があまりよろしくないので結露が出てしまうのでしょうか。

数年前から断熱性能を高めると気密が高くなる。気密が高い方が熱効率が高くなることから高気密化する傾向にあります。

サッシも、雲泥の差で気密性能の高いサッシが出てきています。

が、玄関ドアは・・・開閉が多いことなどの問題があり気密が高くできない様です。

ドアの断熱性能自体は高くなっていますが微妙な隙間が出来てしまいます。

築20年以上経過している建物ドアはコンコン叩くと軽い音がします。スカスカな音に比べて現在使用されているドアはコンコン叩くと中身がスカスカではない硬い音がします。

いまだにスカスカアルミドアはあるみたいです。見た目一緒なので気を付けないとただのアルミドアが付いているかも・・・

そんなことは無いと思いますが、玄関ドア交換の際は、断熱ドアか確認しましょう。

ドア本体、枠材の断熱性能は、断熱材を入れることによってよくなっています。

ただ、隙間のパッキンは・・・良くなってるのでしょうが高性能サッシに比べると気密性能は下がるので・・・

我が家では、ホームセンターで隙間テープを購入してより隙間が少なくなるように貼っています。

隙間は無くなりますが、閉める際しっかり閉めたいと鍵がかかりにくくなります。 

※ 蝶番側とノブ側では隙間の大きさが微妙に違うので無理すると蝶番に将来的に不具合が出る可能性がありますので注意

玄関ドアの性能があまり良くないと玄関寒いですよね。

玄関から廊下、廊下に面した洗面所やトイレは寒い・・・居室は暖房かけているので温かいですが廊下に出ると寒い!

これ、玄関ドアが原因だったりします。

玄関室としてドアで仕切られているだけで結構違います。

ドアで仕切るように出来ればいいのですが

そんなスペースは・・・とか、階段が隣接していて仕切れないとか

様々な要因で施工が出来ないんです。

そんな時は、外部に風除室を設けるという手もあります。

これもスペース的な問題はありますが、リフォームで多くの住宅にお伺いさせていただいているので意外といけると思います。

防犯的な効果も少しあると思います。

ヒートショック対策にも少しなると思います。

根本的な断熱性能が悪いという事が1番の問題ですが。

廊下が寒い、トイレが寒い、洗面所が寒いというのは玄関の熱欠損が原因のところも・・・。

玄関の熱欠損を減らせば・・・すこしは・・・

リフォームする際は検討してもいいと思います。

お気軽にご相談下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。