ブログ

2018年9月6日

施工物件紹介2

  • リフォーム
  • 未分類

大型リノベーション物件完成写真ちょっと公開

うっかり公開するのを忘れていました・・・。

大分時間が・・・内部写真を少し公開します。

施工前の玄関です。

和風な造りだったので和風感が強い感じです。

天井も目透かし天井になっており

サッシには、障子も入っています。

下駄箱、照明共に和風な感じです。

写真撮影時は、仮住まいにお引っ越し済みなので

ものが無く綺麗な状態。

撮影者の腕がいいのでしょうか綺麗です。

 

施工後写真です。

既存のタイルを活かして施工したかったので玄関ドアは、リクシル「リシェントⅡ」を採用、既存のサッシ枠を残し新たな枠をかぶせる形なので余計な解体が不要。

上部をご要望に合わせて吹抜けを採用。トップライトもついていたので余計に明かりがこぼれる明るい玄関に変わりました。

下駄箱は作り付けの収納にすることで玄関スペースを広く使えるようにしています。

これから飼う猫ちゃんのためのキャットウォークも設置。

玄関吹き抜けにしているので、外部に暴風室を設置した方が良いと思っているのですが、一冬過ごしてみて必要なら設置を検討していただく事にしています。

 

玄関ドア側からの写真です。

暗くて冷たい感じの廊下がありましたがあるの分かりますよね。

撮影時は玄関ドアを開けて撮影しているので光が入って明るく感じますが、

玄関ドア閉めると電気を付けないとダメ無くならい暗いです。

北側にもなるので冬場は寒くて仕方がなかった事と思います。

築30年なのでこの事態は当たり前の間取りでもありますね。

考えてもどうにもならないと思われがちですが、全く変更ができない訳ではありません。

諦めて新築する前に相談してください。

 

改築後は、動線的にも無駄なので廊下は無くしてしまいました。加えて階段位置もあまりよくなかったので変更しています。

既存の柱位置を考え、柱を極力抜くことなく間取り変更。柱は増えているくらいです。

廊下奥に階段があったのですが、階段をリビング側にしていますので、冬に寒い廊下を通る必要はありません。というか、廊下ありません。

 

大きく間取りを変更していますが、壁量計算に基づく筋交いと金物補強を行っていますので、構造は建築基準耐震適合になっています。

また、外壁に構造用合板「モイス」を施工していますので、耐震等級2相当の構造になっています。

 

週末1カ月点検でお伺いしてきますので図面公開の了解をいただけたら既存と改築後の図面を添付したいともいます。

お楽しみに・・・

その他の写真も公開しようと思いましたが、改めてに・・・

ご興味いただけたらご連絡ご相談下さい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。