ブログ

2018年6月11日

いろいろやってダメなら

  • 健康
  • 日常

梅雨は言ったと同時に、情報番組では「カビ」対策的な話が多く出てくるような気がします。

ジメジメ湿度が高く、気温が意外と上がる梅雨にはカビが多く発生します。

特に浴室はカビが出るのでお掃除は大変です。

カビ用洗剤でごしごししても取れないようごれは、洗剤を塗布してからラップでくるんで放置すると降りやすくなるようです。

漂白剤に片栗粉を混ぜて粘り気を出すことで流れ落ちにくくなり汚れが取りやすくなると・・・

シャワーで50℃から60℃の熱湯をかけてカビを死滅させ冷たい水をかけて冷やすこといいとか。

シャワーに軟水器を付けているので熱湯等していいかわかりません。(笑)

カビの胞子は空気中に浮遊しています。この胞子がくっ付き湿気、水分と栄養があって温度が高いとカビになります。

これからの時期、建物内、べての場所でカビが発生するリスクがあるという事になります。

カビが発生しない環境を如何に作るか。

出来ることは温度と湿度をコントロールする。

言うのは簡単ですが実際結構大変です。

自然素材の内装でも管理しないとできないことが。

一般住宅の合板クロス貼りの室内で行うのは簡単な事ではありません。

最近の気密が高い住宅であれば換気口率も少し良いので何とかなりそうなものです。

古い住宅は隙間が多くて換気口率が著しく悪いので簡単な事ではありません。

隙間が多くて換気口率が割るのであれば扇風機で空気をかき回して空気溜りを作らないといいと思いますね。1つの方法として・・・

その前にするのが温湿度計の設置です。

出来れば各室に温湿度計欲しいですね。各室の温湿度状況を把握して状況に応じた対処を行う方が良いでしょうね。空気をかき回すだけで大丈夫なのかプラス換気または、除湿が必要なのかを判断することが大切です。

間取りが変われば対応も変わる。

改善されない場合、根本の問題である場合が大きいので断熱改修をお勧めします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。