ブログ

2018年5月15日

CMにはかなわない

  • リフォーム
  • 安心・安全

大型のスケルトンリノベーション工事が進行中です。

予定より少し遅れ気味ですが、G.W中の大工さんがせっせと施工をしていただき

徐々にその遅れを取り戻してくれています。

感謝です。

来週には、1階の床貼りと天井下地組が終わり電気配線の引き込み終わる予定です。

合わせて配線確認をいただく予定です。

その後、セルロース施工になりますがセルロースを行うと隠れて見えなくなってしまう

制震ダンパー設置しているので撮ってきました。

以前設置した時もとても好評でした。

設置前は大きく揺れていたが、設置後はちょっと大きめの揺れでも気にならないくらい揺れないという事です。

熊本の震災でも設置されているお宅で被害が少なかったとか。

ご覧の通り、それ程大きなものではありませんのでリフォームでの利用がし易いものだと思います。

取付自体は簡単ですが、取り付けのために一部壁を部分的に抜かないと設置できないので内装をする際に合わせてご検討いただけるといいのですが、プラス浴室の改装もするタイミングが望ましいですね。多くの既存住宅では、お風呂が建物の角に位置していることが多いですから・・・設置は、1階部分の四つ角と長い面の中間あたりに設置して12個設置変形しているとプラス2~4個

商品自体は、リーズナブルな価格ですが設置に必要な工事があるので意外とかかるかもしれません。

他の金物は、価格が安くても取付箇所が多くその分設置に伴う付随施工が増えて結局高くなることがありますから、比べていただくと違いは歴然です。

少し前から、震度7でも倒れないとかCMで流れています。鉄骨の土台でぐらぐら揺らしているあれです。

知ってる人が見ると大笑いなCMですが、知らない人が見るとすごいと思ってしまうのでしょうね。

ガッチガチですから、立てっていられないくらいの揺れで物が勢いよく飛んできます。

不謹慎な物言いですが、地震が起こらないと分からないことです・・・。

大きな後に、自社の建物は地震に耐えました。と大きく宣伝をする大手量産メーカーはありません。

ニュースなどの映像で自社の建物が映らいないように規制をかけているとかいないとか。

CMに騙されないようにしましょうね。(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。