ブログ

2018年4月16日

夏場の床から30cmの空気はヤバい

  • 健康
  • 安心・安全

今更ながら思うのですが空気って怖いですね。

綺麗な空気と汚い空気どっちがいいかと聞かれれば

皆さん綺麗な空気が良いと選ぶと思います。

では、今皆さんが普通に吸っている空気って綺麗ですかそれとも汚れていますか。

分かる人はほとんどいないのでは。

呼吸をしていいて何ともないから大丈夫というわけではありません。

即効性の毒もあれば、徐々に体内に取り込まれて行く毒もあります。

臭いで分かるものもあるかもしれませんが、ではその時どうしましょか?

息止めてますか、どれくらい?

吸わないと死んでしまいますから、汚れているのが分かっていても体内に取り込むしかありません。

揮発性の化学物質は、暑いとより揮発していきます。

真夏に新建材の新築、リフォーム物件には入りたくありません。

入ることは無いと思いますが、入る方はそれなりの覚悟をしないといけません。

国が認めたF☆☆☆☆だから安心安全大丈夫などと言われて本当にそう思っている人はいないと思いますが

もし、いらっしゃったら改めた方が良いのですが、私が言う事よりも大手量産メーカーの営業マンが言うことの方が信用されてしまうようです・・・。残念。

建物内で揮発している化学物資の濃度は下に行くほど高くなります。

ですから大人はそれほど影響は出にくいのですが、ベットではなく床に布団を敷いて寝ている方は少し影響を早く受けると思います。

赤ちゃんは間違っても床に寝かせない。ベビーベットに寝かせましょう。お昼寝であっても!!

どうしても寝かせなくてはいけない場合は空気を動かましょう。少しは濃度が下がると思います。

直接、風が当たるようにしてはいけません。

目に見えませんが、床にどんよりたまっている化学物質を噴き上げるように扇風機やサーキュレーターを着けましょう。

少しは濃度が下がると思いますから良くはありませんがまあ仕方がないでしょう。

途中ですが長くなってるので今日はここまで

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。