ブログ

2017年11月27日

調べると面白い事ってあります。

  • リフォーム
  • 健康

かれこれ1カ月くらい経ちますか・・・。

自宅筋トレ中に、前腕に傷みが走り・・・

翌日、かかりつけの鍼灸師さんの所に行くと

筋肉繊維を傷めているとの事

筋力は落ちてはいないが筋繊維弱っている・・・

遠回しに年齢考えろと聞こえてしまいました。

あと1年3カ月で50ですから・・・

前腕の痛みは摂れましたが、今は肩に傷みが移動して自宅筋トレが出来ません。

軽いストレス状態です。

付加が掛からないゴムを使って運動していますが、日に日に体が小さくなっている様に感じてしまいます。

先週から開脚運動を朝晩行っています。

大きく変化はありませんが1週間が経ちました。

あと3週間でどこまでいけるか。

その前に続くのか・・・

最後にちょっとだけ仕事の話?

ネットは凄いので、調べたいことを入力クリックすると知りたいことが簡単に調べられます。

辞書不要・・・

英語が苦手なので単語知りません。

漆喰って英語でなんて言うんだろうと調べてみました。

漆喰=Plaster ?プラスター 石膏?

日本では、漆喰と言えば「石灰」何で漆喰=石膏

フランス語・スペイン語・ドイツ語・英語は「漆喰」と「石膏」の単語が一緒

海外では石膏が使われたものを漆喰と呼ぶんでしょうか。

紛らわしい話ですね。

調べると石膏が石灰両方が入っている塗り壁材発見しました。

石膏ベースに石灰を何かの効果を狙つて少し混ぜている感じ

分量が少なくても、日本では漆喰になります。

微妙・・・

石膏が悪いと言う事ではありません。石膏は石灰より硬化性が高い様ですから

硬い材を希望する、強アルカリなのでカビ防止で考えると有りでしょう。

海外製の漆喰は、硬化性が高いのは石膏が混ざっているからなのでしょうね。

海外では下地に石膏を使っている事が多い様です。多孔質なので厚みを持たせれば断熱材にもなるり硬化性が高いので丈夫。

古くから背の高い建物が多く建築されていたので丈夫で頑丈と言う作りと考えると石膏を使う事は分かる気がします。

日本は、地震が多いのでガチガチよりも少し柔らかいくらいが良いので石灰をと言う話を聞いた事があります。

どっちが良いかは、好みの問題になるのでしょうか。

石膏も多孔質なので調湿ではありませんが、湿気を含む事が出来るので良いのかもしれません。

ちょっとのつもりが長くなったので続きはまたの機会に。

投稿者 無添加計画 リフォームアドバイザー 瀬谷 忠司

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。