ブログ

2016年12月8日

坪単価と年単価

  • 0宣言
  • メンテナンス
  • 住まいと健康
  • 家づくり

k-g-i

ライフサイクルコストという考え方があります。

建築から取り壊しまでの期間中にかかる、光熱費(電気代・ガス代・灯油代など)、
メンテナンス費用(外壁・屋根・内装など)、取り壊しの費用など、その建物にかかる
全ての費用の合計金額のことです。

ライフサイクルコストという視点で見ると、「建築時の費用」は、氷山の一角にすぎません。

多くの方が、建築時の目安にされる”坪単価”がありますが・・・

私たちは、建築時のみの”坪単価”よりも、その住宅を活かす事が出来る年数から
考える”年単価”を考えます。

断熱材の違いだけでも、電気代が年間で18万円の差が出るケースもあります。
10年で180万円、30年で540万円もの差額が発生してしまいます。

エアコン初め、生活に必要な冷暖房機器の準備、買い替えまで考えれば
その差は更に大きくなります。

そして、メンテナンス費用ですが、工業化製品の家の場合は、
30年で400万~600万円かかると言われています。

残念ですが工業化製品の家の場合は、リフォームすることが前提になっています。

建築当初に費用が安いからと言って、その後30年に確実に発生する光熱費や
メンテナンス費用で、数百万~1000万円もの違いが発生するとしたら、、、。
(そもそも30年で建て替えなきゃいけないようなのが問題ですけど)

家造りは「時間軸」で考えなければなりませんね。

そして、その時間軸の中には「住まわれる方の健康」も含まれます。

せっかく建てた新築の家に住んで、シックハウスなど、家の空気環境が原因で
病気になってしまっては、何の意味もありませんから ・ ・ ・。

家に優しく、家族の健康にも優しく、そして家計にも優しい家づくり。
年を重ねる毎に魅力が増す、グッドエイジングとでもいうのでしょうか。

人も家も、いい歳の取り方をする。そんな家造りをと思います。


人気ブログランキング(クリックお願いします)

 

無添加計画は【住医学研究会】の会員工務店です。

 

医師が認める家づくり【賛同医師のご紹介】

 

不動産・住宅建築・住宅ローン・ライフプランニングのプロとして

 

ワンストップサービスを提供する【無添加計画】

 

無添加計画は【プロバスケットボールチーム 東京エクセレンス】を応援しています。

 

無添加計画は【社会人サッカーチーム コバルトーレ女川】を応援しています。

 

【無添加計画 公式Facebook】

 

【瀬野 剛史 Facebook】

 

【瀬野 剛史 Twitter】

 

建てた人・建てる人・建てるスタッフの会員制交流サイト「ieco (イエコ)」