ブログ

医師が薦める本物の健康住宅

2017年8月13日

その健康住宅、本当に健康住宅ですか?

  • イベント
  • インフォメーション
  • セミナー
  • 健康
  • 資金計画

世の中の流れとしても、自然素材や健康志向が住宅業界にも根付きつつあります。

そこで、皆さんが思う「自然素材の家」や「健康住宅」とはなんでしょうか。

 

無垢のフローリング材。

珪藻土や漆喰の塗り壁。

 

部屋の中にいて、目に見えるものはこの程度のはず。

逆に、床と壁の表面だけ自然素材で仕上げれば、自然素材の家に「見える」のです。

しかし、これでは合板フローリングとビニールクロスの壁でできた家と、なんら変わりません。

 

なぜか。

 

そのフローリング材や塗り壁の「下」には、どんな建材が使われているかご存知ですか?

「自然素材の家」とうたう建築屋さんの中には、下地や構造材に合板や集成材を使用している会社も多く存在します。

合板や集成材=ボンドで塗り固められた工業化製品です。

 

ではなぜ、合板や集成材を使うのか。

 

大前提に「目に見えない」から。

ユーザー目線で見ても、目に見えない下地材や構造材よりも、デザインや間取りや設備など、目に見えて気になる部分がいっぱいある。

そして何より、家づくりは初めての方が多いので、そもそも下地材や構造材に様々な選択肢があることを知らない方も多くいます。

 

さらに建築屋さんにとっては、合板や集成材は安価で加工しやすいから。

 

ユーザーがあまり気にしない。安価で加工しやすい。

商売だけを考えたら、合板や集成材を使用されるのは当然です。

 

シックハウスは、表面的な床材やビニールクロスのボンドだけでなく、下地の合板や集成材でつくられた構造材から揮発する有害物質が原因のひとつだということ。

住宅の火災で亡くなる人の大半が、ビニールクロスや集成材が燃えて発生する有毒ガスが原因だということ。

戦後から続く、建設業界と国との関係性、考えが変わらない限り、有害物質を含む工業化製品はこれからも使われ続けます。

 

こうなったら解決策は一つ。

ユーザーの皆さんが知識を持ち、選択するしかありません。

 

そこで、家づくり初心者の方が、住宅に関する知識を持つのにうってつけの無料セミナーが、全国各地で開催されています。

ベストセラー作家が全国を飛び回り、毎週日本のどこかしらで開催されている大人気のセミナーです。

 

【本当に良い家づくり&資金計画セミナーの開催日程、お申込みはこちら】
http://jyuigaku.com/

 

建築業界の裏話や、様々な意味での「本当に良い家」のつくり方を教えてくれる、すごいセミナーです。

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【家族を地震から守り、家族の健康を守る】
生命と財産を守る自然素材住宅建築専門店
一級建築士事務所【株式会社 無添加計画】

■本店
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵1-8-8  TEL:048-711-8200
■仙台支店
〒981-1107 宮城県仙台市太白区東中田3-2-34  TEL:022-306-2422
■千葉支店
〒273-0002 千葉県船橋市東船橋3-33-3 3階  TEL:047-455-8600
■岐阜支店
〒500-8436 岐阜県岐阜市東明見町27  TEL:058-215-5115
■宇都宮OFFICE
〒320-0846 栃木県宇都宮市滝の原2-5-29 TEL:028-678-3945

Eメール:otoiawase@re-trust.com
ホームページ:http://www.re-trust.com

ホームページで書籍・DVDなどプレゼント実施中!

 

—-全国各支店でイベント開催中!—-
http://www.re-trust.com/event/?tp=all

—-公式Facebook—-
http://www.facebook.com/mutenkak

—-無添加計画公式スポンサー—-
プロバスケットボールチーム<東京エクセレンス>:http://tokyo-excellence.jp
社会人サッカーチーム<コバルトーレ女川>:http://www.cobaltore.com

—-コミュニティサイト—-
建てた人・建てる人・建てるスタッフの会員制交流サイト「ieco(イエコ)」:http://ieco-ieco.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ARCHIVE

企画部のヨネ

この記事を書いた人

ヨネ

企画部のヨネ

お家造りアシスタント