ブログ

2018年3月9日

F☆☆☆☆

  • 健康

こんにちは!

無添加計画埼玉店の北島です。

 

今日はシックハウスに関するブログです。

 

日本でのシックハウス対策とした代表的なのがホルムアルデヒドの制限です。

 

ホルムアルデヒドとは??

合板、パーティクルボード、接着剤等の様々な建材に用いられる合成樹脂の原料となる化学物質の事です。

そしてこのホルムアルデヒドの発散量に応じた建材の等級を定められ、等級に応じて、使える場所、使える面積が法律によって制限されました。

 

Fに☆☆☆☆で「フォースター」といいホルムアルデヒドの量は少なく、制限無しに使用できる建材です。

ホルムアルデヒドの発散量が増えると星の数が3スター、2スターと減り等級が下がり使用制限を受けます。

 

日本ではこの「フォースター」を使えば安心、安全とほとんどの人が思っています。

しかし!!本当に安全なのでしょうか?

考えてみてください。

フォースターの建材はホルムアルデヒドの発散量は少ないです。

しかし発散量は0ではありません。

発散量は少なくても、建材は床、壁、天井と部屋一面に使用しますよね。

 

少量でもたくさん使えば…

分かりますよね。

 

対策としては24時間換気が義務付けられていますが、全ての空気を入れ替えるのは不可能に近いと思います。

ホルムアルデヒドは絶えず揮発しているのですから。

 

次回はシックハウスの症状、無添加の対策についてブログにしたいと思います。

 

質問、感想などありましたお気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ

TEL:048-711-8200

メールアドレス(北島宛):kitajima@re-trust.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。