Facebook

資料請求・お問い合わせ お気軽にお問い合わせください for english

Tel:0800-800-5060 10時~19時 水曜定休

自然素材と無垢材の一戸建て・注文住宅・リフォーム
健康住宅建築・土地探し・資金計画もおまかせください
-埼玉・東京・千葉・宮城・岐阜・愛知・栃木・茨城-

一級建築士事務所 自然素材専門店 株式会社 無添加計画

写真イメージの見本はこちら(最大幅950px)

高畠歯科クリニック   安日 純 歯科医

「いかに削らないか」をずっとテーマにしてきました。
歯は削れば削るほど弱くなっていきます。いくら治療しても、時間が経つと再び悪くなり、また治療が必要になる。そういう患者さんが8割にものぼっているのが現状です。しかし、悪いところは削るか、抜くか。外科的治療しかない従来の歯科医療に長い間疑問とストレスを感じていました。
患者さんにとって負担の少ない方法を模索していたあるとき、アメリカで行われている「ドックスベスト」という治療法に出会い、対応の仕方が劇的に変わりました。虫歯をまったく削らずに患部を洗浄し、無菌状態にしてペースト状のドックスベストを充填するだけなのです。しかも、それ自体に殺菌効果があって、治療した部分の進行や再発がない。探し求めていたものはこれだ! と思いました。
さらに、これまでの常識なら抜くのが当然の、歯周病でグラグラになった歯ですら、抜かずに1週間ほどで改善する治療法を見つけることもできました。最近では、健康な歯を削らないブリッジ、針金のない入れ歯も取り入れています。
私と同じように、「口中の負荷を最小限に抑えることが患者さんの利益になる」と考える歯科医は世界中にいたのです。
もちろん私は臨床医ですから、結果がすべて。しかし、こうした内科的治療を行うことでかえって治りが早くなり、再発が少ないという臨床結果が出ています。これはまぎれもない事実です。

 

 

今、私がもっとも力を入れているのは「矯正」の分野です。従来の矯正が常時器具を装着するのに対して、来院のたびに装置を使ってあごを少しずつ前に成長させ、その人にとって正しい位置にもっていく治療法(成長期の小児には「バイオブロック」、小学校高学年~大人には「ランパ」を施術)を行ったところ、耳鼻科領域にまで改善がみられました。
あごの発育が遅く、小さいためにのどの器官が圧迫されて軌道が狭くなり、口呼吸しかできない子どもが鼻呼吸できるようになったり、耳鼻科に11年間通い続けていた鼻づまりの症状がピタッと治まったり、ぜんそくの症状が改善したりと、歯並びがよくなるだけでなく、元気になる子どもが続出しています。さらには楽に鼻呼吸できることで姿勢がよくなったり、小顔になって可愛くなったりするのを目の当たりにし、口腔内の環境が一生に影響を与えることを実感しています。一生ものの価値というのは、歯も、住宅も同じです。

子どもの成長期は決まっていますから、今しかできないことは今やらないといけないという中で、あごの位置を正しく成長させていく。一番基本の部分を治すと虫歯になりにくいし、病気にもなりにくい。
しかも可愛くなる。つまり、子どもに素敵な未来をあげられるのです。いい環境をつくってあげれば、ずっといい健康状態を続けることができる。そこが究極だと思います。
矯正は専門外でしたが、あごの位置を正しくするだけで身体能力まで上がることがわかったら、やめられなくなってしまいました。

 

 

共通の友人を通じて建築コンサルタントの澤田升男さんと出会い、自分と同じ、もしかしたらそれ以上に「目の前にいる人をよくすること」ばかり考えている澤田さんに人間的魅力を感じて、何度もお会いするうちに、「生体エネルギー」という農業の土壌改良に使われる技術を知りました。
農業の連作障害を克服した技術です。
これを住宅分野にも応用し、生体エネルギー資材を入れてみたところ、

「アトピーがよくなった」
「花粉症の症状が改善された」
「生ゴミやペット臭という家の中の嫌なにおいがなくなり、アレルギー症状などが緩和した」

等という話を聞いて、長野の生体エネルギー研究所にも行き、創始者の方にお話も伺いました。
そして、クリニックに取り入れることにしたのです。
変化はすぐに表れました。まず「しらべ」といって、そこから発生する電波で人のエネルギーを高めてくれるという装置を数台入れたところ、待合室の雰囲気がガラッと変わったのです。それまでは患者さんの数が多いこともあって、予約を取ってもらっても1時間以上お待たせすることが多く、患者さんがイライラして、受付にもストレスがたまるという悪循環が慢性的に起こっていました。ところが「しらべ」を入れた途端に不思議と穏やかな雰囲気になり、苦情が一切なくなったのです。これは大きかったですね。
また、壁や床、水の元に生体エネルギーを使ったところ、歯医者独特のにおいがまったくといっていいほどなくなりました。特に、歯科は石膏などを使うので、それが流れないようにするトラップという受け皿に水がたまったまま休診日を迎えると翌日のにおいがすごかったです。
しかし、そのにおいもなくなって、患者さんから「うがいをするときにおいがしなくなった」と言われたときには、本当によかったと思いました。
あくまで個人の感想ですが、治療もやりやすくなったように感じています。口腔内の環境をよくすることで元気になっていく人をたくさん見ていると、空間もストレスがないか、そこにいて気持ちいいか、精神的に休まる場所かということが重要だと感じます。
家も同じで、心地いい環境をつくってあげれば、それだけいい健康状態を保つことができる。すなわち、生体エネルギーを活用して住まいの環境を整えることは、究極の家づくりだと思います。

 

 

こんな話があります。
ガンを煩い、余命を宣告された方がいました。
ガンは転移を重ね、発症しては切除、発症しては切除を繰り返していましたが、以前と同じ箇所に再度発症した際、名古屋の名医に死を宣告されたのです。
同じ箇所にガンができると、余命は100日ですと、告げられました。
ですが、余命を告げられても、ご家族は諦められません。
医者が諦めたら、他の世界へ希望を託す他ありません。調べに調べ尽くし、辿り着いたのは治癒に効くといわれる温泉。まずは玉川温泉に1ヶ月、通い詰めたのです。
するとどうでしょう、ガンの数値が低くなったというのです!
玉川温泉は、岩盤浴です。
医学で治せないのに、石が治せる。
こんな事実があるのです。
そしてそれは、こうも言えます。
石で治せるなら、住医学で建てた家でも、治せる。

今回の治癒のメカニズムは、簡単に言えば、石から出る良い電磁波を浴びることによる作用です。
電磁波は、分子の振動です。すべての物質は分子から成り立つため、極端なことを言えばどんなものからも電磁波は放出されます。それなら、常に毎日を過ごす家から、良い電磁波が放出されていたらどうですか?
家に居るだけで、健康になれますよね。
その、常に良い作用を促す電磁波を活用することを、住医学研究会では「生体エネルギーの活用」とうたっています。
生体エネルギーは、確実なデータをもとに、健康を増幅させる住まいを実現できる科学技術です。
現代の医学で、「治せない」と言われる多くのものは、「ガン」そして「アトピー」です。
はっきり言って、今の医学の「ガン」は切るだけです。
それは、「治す」とは言えません。
住医学研究会の推奨する家は、「ガン」「アトピー」を治す可能性をもっています。
現にアトピーは、約1万人は治してきたと言っても過言ではありません。
人生の長い時間をすごす家。
生体エネルギーを活用して住まいの環境を整えることで、
家に帰るだけで、家で過ごすだけで健康に繋がる。
それはまさに、究極の家づくりだと言えます。

 


 

 

 

古くから農業の土壌改良に使われてきた技術を住宅に応用。
生体エネルギー資材を基礎コンクリートや塗り壁材に使用することにより、人体に悪影響を与える原因物質のマイナス作用が起きないよう室内環境をコントロールします。
生体エネルギー活用住宅の特徴には、汚れがつきにくく、においやホコリ、カビなどが発生しにくいことが挙げられます。

 

 

愛工房という木材乾燥装置は、従来の乾燥釜に比べて非常にシンプル。人が一緒に入っても気持ちがいい温度で汗をかく、まるで木でできたサウナです。その温度は45℃。この温度で低温乾燥された愛工房の木材は、木の大切な「酵素」が損なわれないので、生命を保ち「呼吸建材」として住まいの一部となり、木も人と同様、呼吸する生きものとして、そこに住む人と共に生き続けるのです。


木そのものが断熱材の役割を果たし、室内の空気を爽やかに保つのはもとより、温度の偏りを無くす。シロアリなどの浸食を防ぐ。
一般的に「健康住宅」と呼ばれている住宅でも、抜け殻の、死んでしまった木材が使われていることがほとんどと聞くと、下地材一枚がいかに大切かが目に見えて分かります。


活性酸素は人間にとって毒となると考えられています。
生体エネルギー技術を使った壁・床・天井から放射されるエネルギーが室内の活性酸素を防ぐ(酸素と結合した悪い空気を引き離す)ことが、実験データなどにより判明しています。


波動測定結果
部位 生体エネルギーコンクリート 通常のコンクリート
免疫 +9 +2
肝臓 +9 -4
心臓 +9 -4
+13 +1
膵臓 +10 -4
+10 +1
大腸 +5 -2
腎臓 +11 -6
膀胱 +7 -6
ストレス +18 +3

※表の見方
波動は数値で表すことが出来ます。
人間や物品の波動を最高級+20〜最低値-20、+0、-0を合わせた42段階の数値で評価します。

+15以上:人体にとって癒しの効果が期待できる。
+10〜14:健康増進に有効
+5〜+9:健康維持に有効
+0〜+4:特に影響を与えないレベル
-0以下:長期の使用は人体にとって害になる恐れがある

 


 

安日 純 歯科医
1958年、山形県生まれ。日本顎咬合学会認定医、バイオブロック・マスターほか数々の資格を持つ。所属学会は日本歯周病学会、日本顎咬合学会、日本感染症学会、日本抗加齢医学会、日本糖尿病協会など。
1997年、高畠歯科クリニックを開業。現在は理事長。



高畠歯科クリニック
山形県東置賜郡高畠町大字上平柳2099‐2 TEL 0238‐58‐0814
公式サイト http://www.takahatasika.com/


 

  

GALLERY ギャラリー

  • 埼玉県川口市 I様邸
  • 埼玉県川口市 Y様邸
  • 埼玉県川口市 M様邸
  • 埼玉県草加市 S様邸
  • 埼玉県川口市 M様邸
  • 埼玉県上尾市 K様邸
  • 埼玉県上尾市 K様邸
  • 埼玉県草加市 S様邸
  • 埼玉県さいたま市 O様邸
  • 埼玉県さいたま市 T様邸
  • 埼玉県戸田市 T様邸

STAFF BLOG スタッフブログ